婚約指輪のリフォームとは

大学を卒業してすぐに結婚したので婚約指輪だけはこだわりました。

婚約指輪を長く大切に使う秘訣

2014年1月11日 // by admin

婚約の証に婚約指輪をいただくことは、その昔、当たり前の話でもありました。

もう、彼女には婚約者がいる、その証に婚約指輪を指にする女性も存在していたものです。

現代、その習わしは続いているのでしょうか。

お給料の3カ月分が婚約指輪の相場と言われた時代も有ります。

毎月のお給料が20万円の彼は、60万円もする指輪を正直に彼女へプレゼントしたものなのです。

婚約指輪はダイヤモンドが主流でした。

現在はどうなのか、聞いたことも有りませんが、指輪より若い女性にはもっと欲しい物が有るかもしれません。

実用的な洋服や靴、エステに行って脱毛がしたいわと希望する女性もいるかもしれません。

世の習わしがどうこう言うより、今の若い方たちは、現在進行形の願望が強いものではないかと推測されるのです。

婚約指輪の行方は、タンスの中に限定されています。

指が太くなり、デザインが古めかしく感じられたりもするため、なかなか箱の中から出す機会が無いというのが実状なのです。

デザインを変えて、新しい物に作り替えたわとおっしゃる方も多いです。

婚約指輪の旬はやはり婚約した時です。

旬を過ぎれば、後は自分がその時その時で実用的に変化させることが長く使える秘訣かもしれません。

Comments are closed.